CSカンザキ阪急千里山店 スポ-ツ全般 担当 店長クリリーノ

日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/16日前後の北イタリアの様子01

今回のイタリア走行会のツアー道中で見たアレコレです。
旅程がミラノ空港⇒トレヴィーゾ⇒ヴェネツィア⇒コモ⇒ミラノ空港なので、イタリアを語るにはかなり偏ってるんだと思います。
 ちなみにトレヴィーゾは、日本のガイドブックのイタリア地図には載っていないものも多々ありますが、ヴェネツィアを有すべネト州の州都であり、ベネトン、デロンギ社の本社所在地でティラミス発祥の地でもあるらしいです。

■言葉
・カタカナイタリア語でも通じる、なんとなく言ってることは理解できる。意外なのは英語が簡単な単語でも通じないこと、現地在住の人によると第2外国語でフランス語やドイツ語を習得することが多いからだそうな。発音に関わらずこちらの言葉を聞き取ってくれるのと、日本語でも意味を聞き取ろうとしてくれるところがナイスです。
ボーネン米田さんと下着屋のオネーサンが、イタリア語と日本語で会話して意味が通じていたのが印象的。

■車
・マニュアルミッション:高速道路の風景が延々と同じなので退屈してバスの車窓からチェックしていたところ、9割方マニュアルミッションでした、ベンツですらマニュアルです。

・車の色:銀、白、黒で8割方を占めます、多分、黒が流行色です。メタリックカラーは見当たりません、色彩はかなり地味です。アルファロメオはかなり走っていますが、赤は見かけなかったような・・・

・車種:意外と古い車が少なく7年以内のものが中心。アメ車はRV系のみ。プレミアムカーの比率は大阪と同じくらい。フェラーリをはじめとするスーパースポーツカーはポルシェ以外には一台も見かけず。比率が違うだけで見かける車種は日本と変わりなく、車チェックには早々に飽きました。
日本車は各メーカー各車種走ってました、アメリカと違ってホンダが少なくマツダが多い感じです。
日本では見かけない韓国車が走ってますが、日本車のデザインをパクッているようで特に目を引くところはありません。
バカンスシーズンでキャンピングカーが多いのでボーネン米田さん大喜び。
2006_07200591.jpg


■モーターバイク
・殆ど600CC以上の日本車のレーサーレプリカタイプ。BMWが日本より目につく。ドカッティを見かけなかったのは気のせいか?ハーレーも見かけなかった。モペットとかスクーターは意外と少ない。
趣味としてモーターバイクに乗っている人が多いみたい。
ピナレロの社長が、工場見学の時に黄色いビッグスクーターを指さして「あれ俺のバイク、ロッシのバイククカラーに合わせて黄色なんだ」って言ってました。

2006_07200217.jpg


自転車blogランキングへ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurekuretakora.blog20.fc2.com/tb.php/44-07cefc86
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。